開運グッズで幸運を呼び込む

トップページ > 開運グッズで幸運を呼び込む

開運グッズで幸運を呼び込む

開運グッズというのは、置物だったり、持ち歩く物だったりと、色んなものがあると思います。 例えば、風水で開運グッズと言えばよく知られているのが、龍の置物や、八卦鏡、クリスタルなどのパワーストーンなどですね。

風水では龍は欠かせないものです。というのも、風水では気の通り道のことを「龍脈」と言い、龍脈上で気やエネルギーが溜まる場所のことを「龍穴」と言います。
それほど、龍は風水と密接な関係があるのです。

また、八卦鏡とは風水術で使われる道具のひとつで、八角形の盤の中心に鏡を埋め込んだ物です。
これには凶作用を鏡によって反射させ、軽減させる効果があるとされています。また、このことを風水では化殺と言います。

パワーストーンは、これは風水でなくても運気を上げてくれるものとして知られていますね。
パワーストーンにはそれぞれ意味があり、それのみでは効果がなく、持ち主自身の能力や願いを増幅させる物として扱われています。

開運グッズを置くとどうなる?

開運グッズを置いたり持ったりするとどうなるの?というのがよくある疑問かと思いますが、開運グッズはそれのみでは意味を成しません。
大事なのは、それを置いたことで「運気が良くなった」と自分自身が思うことです。

確かに、開運グッズを置くことで気の流れは変わりますし、良い気を引き込んでくれるようにもなりますが、持ち主自身がそれに懐疑的になっては意味がありません。
懐疑的になるくらいなら、グッズなんてものは持たない方がいいのです。
ですから、開運に効果があると言われるものを買ったり置いたりするときは、自分自身で「これで大丈夫」と思ったものだけを手に入れるようにしましょう。
間違っても、勧められたから買う、なんてことはしてはいけません。

簡単な話、自分で買ったものでなくても、人からもらったものでもあなた自身がそれに満足していれば、それだけでも運気は上昇します。
グッズは確かに便利で良い気を運んでくれるものですが、それに固執すぎない方がいいとも言えます。

運気を上げる道具は他にもあるの?

上で挙げた物の他にも、開運効果が期待できるものはたくさんあります。
皆さんがよく知っているところでは、招き猫などもそれに当たりますね。

ただ、上でも述べましたが、開運グッズでないとダメだ!と思いすぎないことが大事です。
幸運を呼ぶものというと、どうしても置物やパワーストーンなどに考えが寄りがちですが、観葉植物やカーテン、インテリアだって、立派な開運グッズです。

他にも例を挙げると、八卦鏡でなくても鏡は悪い気を跳ね返してくれるものですから、それだけで効果があるものです。
また、財布なども金運を上げてくれる開運グッズですね。
それ以外にも、自然が描かれている絵画や、良い香りがするお花(芳香剤も可)、玄関マットなども開運グッズと言えるでしょう。

どうでしょうか?固定観念に囚われていては、あるのに見えないということもあります。
あなた自身が気付くことができれば、あなたの周りは開運グッズだらけなのだということを認識しておきましょう!