風水を活用した開運方法

トップページ > 風水を活用した開運方法

風水を活用した開運方法

開運には色々方法がありますが、ここでは風水を活用した方法をご紹介します。
風水とは、文字通り「風」と「水」を指し、空気の流れを読み解く環境学です。

元々、開運の環境学として発達してきた思想なので、開運とはとても相性が良いことで知られています。
また、風水の基本は陰陽五行説であり、「木・火・土・金・水」の五つの属性に分類され、さらに「陰・陽」の性質を持っています。
このバランスや相性(相生)の関係をうまくとり、お互いを高め合うように配置したりしていけば、開運への道が開けるというわけです。

そして、水を取り入れる人には、なぜか有名な人や成功者が多いです。
これはなぜなのでしょうか?
こういった人たちは風水で言うところの「気の流れ」を肌で感じ取れる人が多いのではないか、と私は思います。
ただ、肌で感じ取れなくても風水を取り入れていけば開運はできるわけですから、あまり気負わず、気分転換のようにやってみてはいかがでしょうか。

風水なら気軽に出来る

風水で開運する一番の利点と言えば、気軽に出来ることでしょう。
また、生活に密着した風水は、部屋の模様替えなどとも一緒にできるため、不必要に物が増えたりすることがないのも利点と言えます。

風水に欠かせないのは、なんと言っても掃除。
風水では、まず色々なもので開運するより先に、その場所をキレイにしておかなければならないという点を挙げておきます。
掃除で開運することは別のページでもご紹介していますが、一度キレイにしたからと言って放置せず、毎日のようにキレイにしておくことが重要となります。
掃除はどんな人でもしますし、特別な道具も必要ないから簡単ですね。

料理で言えば、掃除は料理する前の下ごしらえの状態です。
下ごしらえがきちんとできていなければ、料理が失敗するのは当然ですね。
掃除が終わり次第、本格的な開運風水を取り入れるようにしてみましょう!

風水で間取りなどを気にする場合

開運するのに風水を活用する場合、やっぱり気になるのが間取り。
とはいえ、間取りはそう簡単には変えられません。間取りも気にする場合は、思い切って引っ越しをしてしまうのが一番容易な方法と言えるでしょう。

新しい部屋や家に引っ越す場合、一番重要視するべき場所は玄関です。 玄関はすべての気が入り込んでくる場所なので、この玄関の場所が鬼門にあったり、悪い方角にあると開運できません。
ちなみに鬼門とは北東のことを指します。また、裏鬼門にも注意をしましょう。裏鬼門とは方角で言うと南西になります。 この二つの方角に玄関がある家やマンションなどは避けておいた方が良いかと思います。

また、他にも注意する点としては、日当たりが良いかが鍵になってきます。
玄関が暗いと、やはり良い気は入ってきません。お部屋の日当たりの良さも大事ですが、ここは玄関の日当たりの良さを気にしてみてください。