鏡をキレイにする

トップページ > 掃除は開運の第一歩 > 鏡をキレイにする

鏡を綺麗にして美容運を保つ

鏡は風水的に開運アイテムとして良く活用されるアイテムですが、少々取り扱いが難しく、一歩使い方を間違えると悪い運気を拡散させてしまうアイテムに変化させてしまうことがあります。

特に、鏡が汚れていたりすると美容運が低下する原因となり、肌荒れを頻繁に引き起こすようになってしまいます。
美容運が下がると連動して恋愛運も低下してしまう恐れがあるので極力注意することが大切です。
なので、鏡は常にピカピカの状態を保てるように気を配り、汚れていたら軽くさっと拭くようにするなど心がけると良いでしょう。

鏡をピカピカに掃除するポイント

良い運気を部屋全体に拡散させられるような、ピカピカの鏡にするためのポイントをいくつかご紹介したいと思います。

まず一つ目のポイントとして、みかんやレモンなどのかんきつ類の皮を使う方法があります。
かんきつ類の皮にはクエン酸が含まれており、アルカリ性などの水周りの白っぽい汚れや、石鹸などの残りかすが付着した汚れなどに効き目があります。
皮を直接、鏡全体にこすりつけて磨くだけで汚れが落ちやすくなり、簡単に綺麗にすることができるようになります。

次の二つ目のポイントとして、新聞を活用する掃除方法があります。
新聞には、あらかじめインクがついているため、これで拭くとワックスのような効果を発揮してくれます。
なので、仕上げとして最後に新聞紙を活用して拭きあげると、ピカピカの鏡に仕上げることができるようになります。